シティーハンター あらすじ1話 、シティーハンター1話1-1レビュー


シティーハンター  あらすじ 1話 、シティーハンター 1話1-1 レビュー

シティーハンターあらすじ1話1-1ではシティーハンターイミンホの誕生が描かれています。そして、シティーハンターイミンホを育てるようになるイジンピョとユンソンの実の父親との関係が描かれています。何よりもシティーハンター1話1-1では、シティーハンターイミンホの誕生の意味が描かれています。ここからはシティーハンター1話、シティーハンターあらすじ1話1-1です。

シティーハンター1話、シティーハンターあらすじ1話1-1

韓国ドラマ シティーハンター(CITY HUNTER)初放送は強烈なアピールのための大作の感じが漂って大きなスケールとスピーディーな展開で注目をひきつけた。
ドラマ シティーハンターの序盤20分くらいは大作映画を見るようにすぐに時間を渡って走ってシティーハンターの主人公イユンソン(イミンホ)の成長過程に焦点を当て人間的な姿を繊細に描きながらドラマ シティーハンターの色を明らかにした。
しかも、人間的な姿、許しを学ばなければならないというイユンソン(イミンホ)のすべてのセリフがドラマ シティーハンターの結末までも意味させてしまったのではないか?
1983年にミャンマーアウンサン爆破事件当時、韓国は光州民主化抗争があり全斗煥 軍部独裁政権が入った時期で民心と世論は軍事政権への怒りが天を突く態勢だった。
武力で握った政権だったため武力で抑圧されていた時代だった。
意識のある国民の怒りは毎日のように火炎瓶や催涙弾で大学街がざわめきであり学院内に戦闘警察が対峙していた平和の中の戦争、戦争の中の平和が続いていた時代だった。
大学街居酒屋では喉の渇きで’民主主義よ万歳’の運動歌が泣き声出とすすり泣きが漏れ出たような時代だった。
民主主義の分水嶺となっていた慌しい韓国現代史の80年代には一方では、祖国の民主化を大声で泣きながら闘争で勝ち取ろうと若さを炎で散華した学友もあったし政権を守るために武力で抑制し国防の義務で実行していた若者もあった。
そして、我々が知らなかったの若い血があった。
祖国のために上部の命令を命のように思って北派工作員という名前で任務を遂行していた名前のない人々だ。

シティーハンター1話-1

▼韓国ドラマ シティーハンター1話:シティーハンター 画像中

ドラマ シティーハンターは主人公イユンソンの誕生と大統領府にタンクを運転して進入した全斗煥がチャンチュン体育館で一夜漬け選挙を払って大統領に当選されミャンマー 巡訪の道に上がりアウンサン国立墓地の爆発事件で17人が殉職した事件で始まる。
大統領の随員としてアウンサンに行ったのイジンヒョとバクムヨルは千辛万苦で命を助かって帰ってきた人々に任務が下達される。
北朝鮮工作員の仕業だった膺懲に出なければならないといういわゆる5人会の計画だった。
21人の隊員と一緒にピョンヤン(平壌)に進入したイジンヒョとバクムヨルは任務を遂行し約束された潜水艦に乗るために海で待機中韓国の太極旗をつけった潜水艦から飛んでくる射手の銃撃に驚愕する。
“なぜ?なぜ?なぜ?我が方が…”

次回のシティーハンターあらすじ1話1-2をお楽しみに・・・

シティーハンター あらすじ1話,シティーハンター1話1-2レビュー

シティーハンター あらすじ1話,シティーハンター1話1-3レビュー

シティーハンター あらすじ1話,シティーハンター1話1-4レビュー


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ