シティーハンター あらすじ1話 、シティーハンター1話1-2レビュー


シティーハンター あらすじ1話1-2 、シティーハンター1話レビュー

シティーハンター あらすじ 1話 ,シティーハンター1話1-1 レビュー

シティーハンター(CITY HUNTER)あらすじ1話1-2では、シティーハンターイミンホの育ちの父、イジンピョと実の父パクムヨルの友情がリアルに描かれています。シティーハンター1話、1-2でユンソンは実の父の存在について知り、復讐をするために変って行くシティーハンターイミンホの姿が描かれています。ここからはシティーハンター1話、シティーハンターあらすじ1話1-2です。

シティーハンター1話、シティーハンターあらすじ1話1-2

大統領の裁可なしで5人会単独で推進されていた計画は、北朝鮮に何も報復対応はしないという大統領閣下の一言で計画は秘密に埋もれた。
21人の隊員も秘密を守るために歴史の中からその存在すら消えてしまったのだ。
生まれたばかりの息子の名前も作ってあげることができず、妻のキョンヒ(キムミスク)に待つように必ず帰ってきて名前をつけてやると約束していたバクムヨル(パクサンミン)は永遠に戻れることができず、海に水葬されてしまう。
友人のイジンヒョを助けるために、全身でイジンピョ(キムサンジュン)をかばい代わりに銃に撃たれたバクムヨル。
海の中で無言を交わしていた彼らの対話は目頭を濡らすドラマ シティーハンターの名場面である。
命よりも深い友情、”お前は必ず生きっていて、私の妻と私の息子を頼む、愛した友よ”。祖国は友達と隊員を捨てたが挙手敬礼に友達を送るイジンヒョの目に熱い涙が流れる。
涙は、怒りと復讐になって胸に刻まれる。

シティーハンター1話-2

▲シティーハンター1話1-2あらすじ:シティーハンター1話画像

最も残酷な方法で復讐をするとしてイジンピョはバクムヨルの赤ちゃんを連れて東南アジアに隠れ潜んで薬を製造しながら復讐の日を待っていた。
バクムヨルの息子イユンソンが育つまで…
幼いユンソンは、完全にイジンヒョによってキラーに育てられる。

シティーハンター1話
▲シティーハンター1話-2あらすじ:シティーハンター1話 イミンホ 画像

そしてユンソンの人生を変えた事件が起る。
偶然に出会った韓国人ベシクジュン(キムサンホ)の命を救ってベシクジュンを追っていた賭博場やくざ者にイジンピョのアジトが襲撃される事件が起こる。
その中で、幼いユンソンには母の変わりだったムハンスリンが 撃たれて死ぬのを見たユンソンがやくざ者たちを追って地雷を踏むことになる。
ユンソンを助けにてたイジンピョは足を失うことになり、イジンピョはユンソンの生みの親の話を打ち明ける。
理由も知らず祖国に捨てられた、正確には、隊員20人を無駄死で海に収蔵させてしまった5人会に対する怒り、憎しみ、復讐しなければならない理由をユンソンに話してあげる。
“17年前祖国に裏切れた20人の命があった。作戦中お前の父が私を助けるために代わりに死んだ。。私が一生懸命に生きた理由はお前の父と彼らの復讐のためだ。お前は生きていてお前の父と私の敵に必ず復讐してくれ”。
それからまた7年、アメリカで勉強を終えたイユンソンは初めで父を捨てた祖国、母が住んでいる国、韓国に帰ってくる。
復讐のために…
そして、写真だけで会話を交わしていた初めて見た韓国の女性ギムナナに会うために…

次回のシティーハンターあらすじ1話1-3をお楽しみに・・・

シティーハンター あらすじ1話,シティーハンター1話1-3レビュー

シティーハンター あらすじ1話,シティーハンター1話1-4レビュー


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ