オレのこと好きでしょ韓国ドラマあらすじ、オレのこと好きでしょ あらすじ2話-4和訳


オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-4和訳‘自分との戦い’

*君は私に惚れたは韓国放映のタイトルで、オレのことすきでしょは輸出が決まってから日本での放送のために決めた日本のタイトルです。
ここからは、オレのことすきでしょ あらすじ、オレのことすきでしょ 2話-4“ダイエットとチョコレート”です。
オレのこと好きでしょ韓国あらすじ、オレのこと好きでしょ2話-1“教えてやろうか?”
オレのこと好きでしょ韓国あらすじ、オレのこと好きでしょ2話-2和訳、なぜか気になる
オレのこと好きでしょ韓国あらすじ、オレのこと好きでしょ2話-3和訳、孤独と戦う

オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-4和訳‘ダイエットとチョコレート’

理事長の娘、ハンヒジュ(ウリ)は一人で猛練習中!
いつも一人で、一生懸命に練習をするが…
柱に隠れてヒジュの練習光景を幸せそうに見ているジュニ(カンミンヒョク)…
ジュニの存在に気付いたヒジュは困っているジュニを見て“何なの?また?”と不快な表情をする。
“私の前に現れるなって言っただろう!”というヒジュにジュニは笑顔で“だから、隠れていいたけど。前に現れるなって言ったから…”と答える。
ヒジュは“いつからそこにいたの?”と聞くとジュニは“ずっと前から!”と嬉しそうに答える。

オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-4-1
オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話

ヒジュは嫌なやつとは思ったけど…その時、何かを思い出したように目を大きくしてジュニを見ながら“いつから?”と聞くと、ジュニは“姉さんが先、ブーって”言いながら服で風をならすジェスチュアーをしながら“するのも見た。”と自信を持って答える。
ヒジュは恥ずかしいと思っているのに、それとは全然、関係ないという表情でヒジュを心配しているそうな目をして“だけど、何処か悪いの?”と聞くけどヒジュは“関わるな…”と冷たく答える。

オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話

オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話

急に表情を変えたヒジュは目を光らせて“君…もしかして何か食べ物を持ってるか?”と聞く。
食べ物には執着を持つほどのジュニ!
でも、ジュニは“食べ物?お腹すいた?”と言いながら、内側のポケットから出したチョコレートを見せながら“あげようか?”と聞く。
食べたい、でもダイエットとために食べてはいけないヒジュ!
ヒジュは声を沈めて“もういい…”と答えながら、視線を変えようとする。
ジュニは“これ!元気がないとき食べたら良い!”と言いながらヒジュを説得しようとする。
ヒジュは“太る!”って答えながらも、食べたい、チョコレートが欲しいと思っていた。
でも、口からは“誰がそんなにカロリーが高いものを食べると言った!”と言う。
ジュニはチョコレートを見ながら“私はこんなのいくら食べても太らないけど…”とつぶやく。
ヒジュは食べられない状況で苦しんでいるのに、ヒジュの気持ちを知らないジュニに“帰れ!”って言う。
帰ろうと立ち上がったジュニ!
諦めつかないチョコレート…

オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話

オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話

ヒジュはチョコレートの誘惑に“ちょっと!”とジュニを止めさせる。
ヒジュは“あれ・・・ちょっとだけくれ。”と言うので、ジュニは“食べる?”と大きい声で嬉しいそうに言いながらチョコレートをヒジュに渡す。
チョコレートの誘惑に陥ったヒジュはジュニを見ながらもうないか?と聞き、ジュニはポケットを探すが、食べ物はもうない。
ジュニはヒジュを後に食べ物を求めて外へ走っていくが…
戻って来た練習室にヒジュはいない。

オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話

オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話

自分が食べたチョコレートの圧迫感にヒジュはトイレーに行き、食べたものは吐き戻す。
その時l、トイレの外ではヒジュの悪口を言う女子学生らがいた。
ヒジュは公演の演出者が変わって主人公として舞台立つことができないかもと不安に包まれた。
その時、偶然にテジュンの研究室にコーヒーを運んでいた人を見つけて、自分が持って行くとコーヒーのトレーを引き受ける。
ヒジュはテジュンの研究室の前で偶然にテジュンとソクヒョンの対話を聞いてしまう。
“韓国音楽家?”“面白そうでしょう?”“もう少し、後で、広場で演奏対決がありそうだけど、先輩も一度診てみてください。イキュウォンって、カヤグム(琴)を弾く子なんです。”

オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話

オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話

ヒジュは“イキュウォン?”と言って、コーヒーのトレーを通りかかりの女子学生に渡す。
実用音楽家VS韓国音楽家の競演!
学校内は、学科別に応援が熱くなっていた。
イシンを応援する実用音楽科の学生たち…
応援が熱くなると段々と緊張感に包まれるイシンだった。
その時、練習室に戻って来たジュニ、ジュニはヒジュに渡そうと買っていた食べ物を胸に抱いていたが、それを全て忘れさせる食べ物が…
実用音楽科の学生たちが持って来た食べ物に目を取られたジュニは先までの悲しい思いは既に忘れていた。

オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話

オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話

バンドのメンバーたちは“ジュニ、また、服を着替えるの?”“通常、そのように着ていれば良いのに…”と言うとジュニは“ダメ!このように」高い服は数着しか持っていない。私達の公演を見に着てくれる人たちにはマナーとして着て見せるけど…”と笑顔を浮かばせる。
急に、表情を帰ったジュニは“あ、兄さんたち、話を聞いた?”と皆に聞くけど、皆は何の話?って表情だった。

オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話

オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話

ジュニは“韓国音楽科の教授いるでしょう…”と言うとバンドのメンバーは“韓国音楽科?あの、ガン(癌)で入院していたという先生?”と言う質問にジュニは悲しい表情で“うん、亡くなったって…”亡くなったという言葉にやっと反応を示すイシンは“何?”って驚いた表情で口を開いた。

オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話

オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話

“結局、そうなったのか・・・”と言う悲しい反応のバンドの一人…
イシンは冷静な気持ちを保って“いつ…亡くなったの?”とジュニに聞く。
ジュニは“一日喫茶店をやった日…公演が終わって直ぐ、お通夜に行ったそうだけど…”と答える。

オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話

オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話

ジュニの話を聞いたイシンは‘要らない、こんなお金!持って帰って。’と言っていたキュウォンの言葉が頭に浮かんで来た。
オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-5和訳、演奏競演をお楽しみに…


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ