オレのこと好きでしょ韓国あらすじ、オレのこと好きでしょ2話-3和訳、孤独と戦う


オレのこと好きでしょ 韓国 あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳、孤独と戦う

オレのこと好きでしょ韓国あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳、初恋に悲しむ

オレのこと好きでしょ韓国あらすじ、オレのこと好きでしょ2話-1“教えてやろうか?”
オレのこと好きでしょ韓国あらすじ、オレのこと好きでしょ2話-2和訳、なぜか気になる

*君は私に惚れたは韓国放映のタイトルで、オレのことすきでしょは輸出が決まってから日本での放送のために決めた日本のタイトルです。
ここからは、オレのことすきでしょ(韓国ドラマ)あらすじ、オレのことすきでしょ 2話-3“孤独と戦う”です。

ソクヒョンが向かったのはユンスが練習をしているスタジオだった。
今夜も相変わらず、ユンスは暗いステュディオで一人で孤独と戦いながら、踊っていた。

オレのこと好きでしょ 韓国 あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳

オレのこと好きでしょ 韓国 あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳

ユンスが足に力が入らず、転んでいた時、ユンスを訪ねて来たのはソクヒョンだった。
ソクヒョンはユンスに自分が演出するかもしれないから、公演の振り付けをやめて欲しいと言うが、だから?って聞いてくるユンスにソクヒョンは“止めて、君は振り付けを任せるほどの実力を持っていない。踊りが上手だからと言って、振り付けが上手と言えない。”と言う。

オレのこと好きでしょ 韓国 あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳

オレのこと好きでしょ 韓国 あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳

ユンスは涙目で“見たこともないだろう。”答えるとソクヒョンは“人の目から逃げて、明かりも付けずに練習するのを見れば、見なくても分かる。何か見せたいと言う急ぐ気持ちは理解できるけど、同情されたくないなら、この辺でやめて。君のための忠告だ。やめて”と話す。

オレのこと好きでしょ 韓国 あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳

オレのこと好きでしょ 韓国 あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳

ユンスは“同情…するならしてみて。いくらでも受け入れるから”と答える。
一歩も譲らないソクヒョンとユンス!
今まで落ち着いて話していたソクヒョンは急に大声を上げて“私がどうやって君と一緒に公演をする!!!”と怒鳴る。

オレのこと好きでしょ 韓国 あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳

オレのこと好きでしょ 韓国 あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳

ユンスは“同情される立場で、それまで心配してあげないといけないの?!”と帰ろうとすると、ユンスの止めたソクヒョンの口から“悪いやつ…”と言い残して帰る。
いつもユンスが練習していたスチュディオの戸が開いているのをみたイシンは自転車を止める。

オレのこと好きでしょ 韓国 あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳

オレのこと好きでしょ 韓国 あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳

ユンスの姿に嬉しい表情だったイシンはユンスが肩を落として泣いている姿を見て悲しくなってしまう。
家に帰って来たキュウォンは祖父と食事をする事になる。

オレのこと好きでしょ 韓国 あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳

オレのこと好きでしょ 韓国 あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳

遅くなった理由を説明していたキュウォンの口から韓国音楽を無視する人がいると聴いた祖父はキュウォンを一晩中、練習させる。

オレのこと好きでしょ 韓国 あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳

オレのこと好きでしょ 韓国 あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳

ユンスの泣いていた姿が頭から消えないイシンは、家に戻って来てギターの練習をしようとしてもユンスのことが気になりつつ、何も手につかなくなる。

オレのこと好きでしょ 韓国 あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳

オレのこと好きでしょ 韓国 あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳

翌日、全然眠れなかったキュウォン!
ボウンは元気がないキュウォンが心配で“大丈夫なの?”と聞く。
呆然としていたキュウォンは精神を統一させて“大丈夫!必ず、勝ってやる!”と言うや否や疲れに勝つことができない。
翌日、ソクヒョンは大学校の100周年記念公演のために学校を訪ねる。

オレのこと好きでしょ 韓国 あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳

オレのこと好きでしょ 韓国 あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-3和訳

テジュンは“やると決めたことは良いけど…時間は問題ないの?公演があるだろう?”とソクヒョンに聞く。
ソクヒョンは“時間がきりきりなのは事実だけど、無理してみようかと思っている。学生時代も思い浮かぶし…面白そうです。”と答える。
テジュンは“良かった…なら、公演はどうするつもり?私が作った企画だから君には気に入らないかもしれないが…”と重い雰囲気で語る。
ソクヒョンは“やり直さないと!”と一言で答える。
テジュンは怒りを押さえながら“全部、企画からやり直すって言う事?”と聞き返す。
ソクヒョンは“その代わりに、スタフは別に加えず、先輩が企画したままで進めます。”と答える。
テジュンは“何処が気に入らないの?”と聞くが、ソクヒョンは“面白みがない、面白さが…スケールはあまりにも大きい過ぎるし、また、ストーリーはあまりにも物足りないし…”と批判の声で答える。
テジュンは“教授たちが文句を言うだろうけど…既に決まった事をやり直すと!”と力を入れてみるけど…
ソクヒョンは“先輩が説得してくれるでしょう?!”とテジュンの気持ちを知らん振りをして話す。
プライドに傷ついたテジュンは“話をしてみるけど、もう、自尊心が強い方だから、聞く耳があるか分からない。”と否定的な答えを言う。
テジュンの話とは別にソクヒョンは“そして…オーディションも実施する予定です。準備をしてもらいたいですが…”と意志だけを語る。
テジュンは“何処をどのように変えるつもりなのか分からないけど、ハンヒジュは必ず入れて欲しい。”と言う。
ソクヒョンは“誰ですか?”とハンヒジュの事を聞くとテジュンは“理事長の娘!”と答える。
オレのこと好きでしょ あらすじ、オレのこと好きでしょ 2話-4和訳‘ダイエットとチョコレート’をお楽しみに…
オレのこと好きでしょ韓国ドラマあらすじ、オレのこと好きでしょあらすじ2話-4和訳


コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サブコンテンツ

このページの先頭へ